日野市・未来屋書店 多摩平の森店「MIRAIYA Bookmark Lounge」に個室ブースOne-Boを導入

News

株式会社プラザクリエイト(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新谷隼人、以下プラザクリエイト)は、2022年7月30日(土)にリニューアルオープンする東京都日野市イオンモール多摩平の森2階、未来屋書店多摩平の森店内「MIRAIYA Bookmark Lounge(ミライヤ ブックマーク ラウンジ)」に個室ブースOne-Boを導入いたします。「MIRAIYA Bookmark Lounge」へのOne-Bo導入は、千葉県内に昨年オープンした幕張店、八千代緑が丘店につづき3店舗目となります。

「MIRAIYA Bookmark Lounge」はテレワークやオンライン会議をはじめ様々な目的で利用できるラウンジスペースです。利用者は追加料金なしでOne-Boを使用することができるため、オンライン会議などの際にも情報漏洩のリスクやまわりの騒音を気にすることなく、ご利用いただけます。
また、書店併設ならではのサービスとして、1度に3冊まで店内の本を持ち込むことができ、ビジネスでの利用以外にも勉強、読書や趣味のための集中できるスペースとして、目的に合わせて自由にご活用いただけます。
JR中央本線 豊田駅北口からイオンモール多摩平の森店まで徒歩3分、アクセス抜群の立地です。

■「One-Bo」とは

「One-Bo」は、オンライン会議が当たり前になったことにより生まれた3つの新たな問題(イヤホンボイス公害・会議室難民・リモート漏洩)を解決するために、Zoomと共同企画したパーソナル・ミーティング・ボックスです。プラザクリエイトが持つ、証明写真ボックス事業のノウハウや自社工場のプリント技術を用いて開発することで、品質を保ちながら導入しやすい価格を実現しました。3~4時間で設置ができ、原則工事は不要(※)です。

「One-Bo」の3つの強み
1. 個室空間を演出するスマートガラス仕様
2. 空間に合わせたラッピングオプション
3. 工事レスで導入しやすい

写真左:One-Bo1.00 右:One-Bo1.20
※稀に、設置にあたり建物のスプリンクラーや非常用スピーカーの増設を指示される場合があります

■「MIRAIYA Bookmark Lounge」とは

「MIRAIYA Bookmark Lounge(ミライヤ ブックマーク ラウンジ)」は「本に囲まれて、どこよりも自分時間を楽しむことができる書店」の業態化を実現させたいという思いのもとショッピングセンター内に展開をしています。

コンセプトは「読書に、仕事に、勉強に。使い方はあなた次第。自分時間を大切にする人の、お気に入りの場所」。本の持ち込みができるだけでなく、オンライン会議や勉強なども可能です。WiFiやコピーなどの基本的な機能はもちろん、フリードリンクや個別スペースもあり、1日中仕事をしても快適な空間です。

■「MIRAIYA Bookmark Lounge 多摩平の森店」概要

【住所】  〒191-0062 東京都日野市多摩平2丁目4番1 イオンモール多摩平の森2F
【電話番号】042-589 -6331
【営業時間】10:00~21:00 年中無休(最終受付時間20:00)

詳しくは公式HPをご覧ください。

詳細は以下からご確認いただけます。

プレスリリースはこちら

TIPS & INFORMATION

テレワークの普及で、社内コミュニケーションが停滞?業務への影響や、活性化の方法、成功事例までご紹介
テレワーク,働き方
コロナ5類へ移行でどう変わった?テレワーク実施状況・企業と社員の本音・テレワーク制度導入メリットまで
テレワーク,働き方
公立大学法人 青森公立大学 様のOne-Bo利用インタビューを追加しました
News
【生成AI】とは!?企業の利用実態や、メリット・デメリット、実際に使ってみた結果から企業活用事例まで
働き方
「何を買うか」ではなく「誰から買うか」の時代 「経営者による情報発信」が、消費者の共感を呼ぶ!?
働き方
医療法人三つ葉 三つ葉在宅クリニック 様のOne-Bo Plus利用インタビューを追加しました
News
今こそ挑戦したい!企業のSNS活用
企業の活用実態や、メリットデメリット、運用ステップから事例まで
働き方
株式会社マネーフォワード 京都支社 京都開発拠点 様のOne-Bo Plus利用インタビューを追加しました
News
千葉県習志野市・未来屋書店 津田沼店「MIRAIYA Bookmark Lounge」で、個室ブースOne-Bo Cielが利用可能に
News
個室ブース「One-Bo」とアバター遠隔接客サービス「KSIN」が協業

~NEXCO東日本アクセラレータープログラム採択の「KSIN」と協業で、One-Boの利用シーン拡大を目指す~

News