プラザクリエイト、DTENと共に地方自治体DXを推進

News

Zoomと共同企画したパーソナル・ミーティング・ボックス「One-Bo」を軸に、地方のDX推進プロジェクトを行うことを発表します。その第一弾として、Zoom Room用ハードウェアを展開するDTEN Inc(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Wei Liu、以下DTEN)と共に、埼玉県日高市役所でオンライン会議に関する実証実験を行います。

ZVC Japanからの支援も含め、3社で実証実験を行う背景

総務省が掲げるDXのビジョン、「デジタルの活用により、一人ひとりのニーズに合ったサービスを選ぶことができ、多様な幸せが実現できる社会 ~誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化~」の実現には、地方も含めた利用者のデジタル活用の促進が不可欠です。しかし、総務省のデータによると、地方公共団体が優先的にオンライン化を推進すべき手続のオンライン利用率は2019年度で47.5%と、伸び代があることがわかります。

プラザクリエイトでは、個室ブース「One-Bo」の販売活動を通じ、自治体DXにおける課題を肌で感じてきました。そこで、同じ課題感をもっていた、すべての人がZoomを使えるためのハードウェアを展開するDTEN社ならびにZVC Japan社(Zoom Video Communications Inc.日本法人)と手をとり、地方自治体のDXに取り組む運びとなりました。

第一弾として、まずは埼玉県日高市で実証実験を実施します。「誰もが安心して住み続けられる ふれあい清流文化都市 日高」を掲げる日高市は、ビジョン実現を目指してよりよい行政サービスを追求するべく、本実験への参加を決意しました。

実験の詳細

個室ブース「One-Bo」の中に、DTEN社が展開する「DTEN ME」を常設し、気軽にZoomを使える状態にした上で、下記を検証します。

(1) 機器設定等の無駄な時間を省き、Web会議に不慣れな職員でも必要な時にストレスなく業務を開始できるか
(2) 現行業務に留まらない他の業務への汎用性
(3)市民サービスへの拡張性

詳細は以下からご確認いただけます。

実証実験の詳細 & プレスリリースはこちら

TIPS & INFORMATION

今こそ挑戦したい!企業のSNS活用
企業の活用実態や、メリットデメリット、運用ステップから事例まで
働き方
株式会社マネーフォワード 京都支社 京都開発拠点 様のOne-Bo Plus利用インタビューを追加しました
News
千葉県習志野市・未来屋書店 津田沼店「MIRAIYA Bookmark Lounge」で、個室ブースOne-Bo Cielが利用可能に
News
個室ブース「One-Bo」とアバター遠隔接客サービス「KSIN」が協業

~NEXCO東日本アクセラレータープログラム採択の「KSIN」と協業で、One-Boの利用シーン拡大を目指す~

News
新創設「産後パパ育休制度」とは!?日本の男性育休取得率や、取得するメリットデメリット・企業事例まで
働き方
【インボイス制度】とは?制度の概要、対応すべきこと、メリット・デメリットから請求書発行システムまで
働き方
最新SNS「Threads(スレッズ)」とは?Twitterとの違いや注意点・始め方や、企業アカウント動向まで!
働き方
新日本印刷株式会社 様のOne-Bo Acoustic利用インタビューを追加しました
News
マーケティング分野の重要事項!CX(顧客体験)とは?高めるための手法、成功事例、未来のCXまで
働き方
1on1ミーティングや複数人でのオンライン会議に最適!個室ブースOne-Boから「One-Bo Plus Double TYPE」を新発売
News